「身の丈にあった勉強法」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、お笑いコンビのロザンの菅広文さんの「身の丈にあった勉強法」(幻冬舎)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、効率的な勉強法について書かれた本です。

とてもわかりやすく書かれていたので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

菅 広文(すが ひろふみ、1976年10月29日、大阪府高石市生まれ)

大阪府立大学経済学部中退。1996年8月、高校時代の友人である宇治原史規(京都大学法学部卒業)と「ロザン」(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)を結成。高性能勉強ロボ・宇治原の勉強法や、二人が芸人になるまでを描いた爆笑小説『京大芸人』『京大少年』のほか、縄文時代から現代までの日本史が、爆笑しながら一気に頭に入ると評判の『京大芸人式日本史』が大ベストセラーに。また9月発売の『菅ちゃん英語で道案内しよッ! 』も、発売直後から好調!

構成

本の構成

「偏差値30アップの勉強法」は、ほとんどの人にとって意味がない。
「宿題やった?」と親に聞かれた瞬間、子供にとって宿題が罰になる。
無理に習い事をさせると、その習い事が嫌いになる。
「予習」と「復習」、どちらかを捨てるべき。
暗記をする最適な方法はエアー授業。
「教えてもらう方」より、「教える方」が成績が伸びる。
苦手科目は「いつから苦手か」を思い出す。
新聞を読んで成績を上げるには、“読むべき場所”がある。
まずは、国語。
学校の勉強をせずに塾に行くのは、暴飲暴食をしてからジムに行くのと同じこと。
マークシートで迷ったら「3」
受験直前は、神頼みよりやるべきことがある。
身の丈にあっていない高校・大学に入ると、成績が伸びなくなる。
面接では、喋ることよりも聞くことに集中を。
身の丈にあった生き方=いちばん得な生き方。

スポンサーリンク

著者が伝えたい最も大切な3点

身の丈にあうことが一番大切である

予習だけでもいいのでやる

社会人で仕事のやり方に悩んでいる人は、いろんな先輩の話を聞くこと

自分視点の見どころ3点

記憶力を保つには、わからないことはすぐに調べる

大切なのは「調べた知識を人に伝える」こと

面接では、話すことよりも聞くことに重点を置く

まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、著者がお笑い芸人なだけあって笑える小ネタがあり、とても面白い本でした。また、勉強法についても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

ロザンの宇治原さんの勉強法に興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました