「あたりまえだけどなかなかできない組織のルール」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、浜口直太さんの「あたりまえだけどなかなかできない組織のルール」(明日香出版社)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、組織のルールについて書かれた本です。

組織のルールについて参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

浜口 直太(はまぐち なおた、1960年7月7日生まれ、兵庫県出身)

株式会社JCI代表取締役会長兼社長。テキサス大学経営大学院MBA取得。ウォートン・スクール博士課程で財務、国際経営を専攻する傍ら、同大学院で教える。米KPMGピート・マーウィック、米プライス・ウォーターハウスを経て、米国で経営・起業コンサルティング会社を設立。その後、東京に国際ビジネス・経営コンサルティング会社「株式会社JCI」を設立し、代表取締役に就任。外資系ベンチャーキャピタル(VC)のマネジング・ディレクターを経て、日米のVCやベンチャー企業数十社の役員を兼務。日米アジアを中心に総合的な国際ビジネス・経営(起業)コンサルタント並びに国際ベンチャーキャピタリストとして活動中。

構成

本の構成

「一人立つの精神」で

毎日ホウレンソウを忘れずに

一度リーダーと決めたら、徹底的に仕えよう

団結を崩す人は組織から外そう

団結第一

立場が人をつくる

組織内でメンターを見つけよう

組織における「師弟不二」の凄さ

権威主義は組織を崩壊させる

人材をキープするには自己実現の環境を〔ほか〕

著者が伝えたい最も大切な3点

クビ覚悟で組織のために頑張る

まず、組織のビジョン・理念・目標をしっかりと理解する

何もしなければ組織は衰退する

自分視点の見どころ3点

組織の中で頑張るから人間的に成長できる

組織で悩み苦労した経験は将来の宝である

完璧な組織などない

まとめ

①良かった点

組織のルールについて参考になりました。

②この本を読んでほしい人

組織のルールについて興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました