「いま君に伝えたいお金の話」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、村上世彰さんの「いま君に伝えたいお金の話」(幻冬舎)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、お金の大切さについて書かれた本です。

お金の大切さについて参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

村上 世彰(むらかみ よしあき)

投資家。一九五九年大阪府生まれ。八三年から一六年強にわたって国家公務員として通産省(現・経産省)に勤める。独立後、九九年から二〇〇六年まで投資ファンドを運営。現在、シンガポール在住。著書に『生涯投資家』(文春文庫)などがある。

構成

本の構成

1 お金って何だろう?―お金のことを知ってお金に強くなる

2 お金と世の中の関係―プライスタグから世界が見える

3 君がお金を手にする方法

4 働き方が大きく変わる

5 稼いだお金を貯めて増やす

6 お金と向き合うための覚悟―お金が凶器に変わるとき

7 とっておきのお金の使い方

著者が伝えたい最も大切な3点

お金は社会の血液である

お金はお金を生む卵

お金を借りるのは簡単

自分視点の見どころ3点

お金は便利な「道具」である

やりたいことをやるには、余分なお金があったほうがいい

考えれば考えるほど、お金と仲良くなれる

まとめ

①良かった点

お金の大切さについて参考になりました。

②この本を読んでほしい人

お金の大切さについて興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました