「一流の人に学ぶ心の磨き方」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、永松茂久さんの「一流の人に学ぶ心の磨き方」(かんき出版)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、一流の人の磨き方について書かれた本です。

一流の人の磨き方について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

永松 茂久(ながまつ・しげひさ)

株式会社人財育成JAPAN代表取締役。永松塾主宰。作家。大分県中津市生まれ。 「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトを掲げ日本全国で多数の講演会、セミナーを実施。ユニークな人材育成に定評があり、これまでの参加者はのべ38万人に上る。 「人の在り方」を教えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ている。 大分、福岡で5店舗の飲食店を経営するかたわら、2017年より東京に拠点を構え、日本一の商人である師匠の教えと自身の経験をもとに、独自の指導法「永松式未来実現コーチング」を体系化する。 この手法をもとに、セミナー講師、講演家、コーチ、出版を目指す人のための人財育成スクールである「永松塾」を開講 。このほか、各種イベント主宰、映像制作、経営コンサルティングなど、数々の事業をこなす実業家である。 ―方、2012年より、鹿児島県南九州市にある「知覧富屋食堂ホタル館」の特任館長を務め、自身が提唱する「For You精神」を培う研修である「知覧For You研修さくらまつり」を行っている。 著書に、『言葉は現実化する』『人生に迷ったら知覧に行け』(ともに、きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)、『出会いとつながりの法則』(大和書房)など多数。累計部数は90万部に上る。

構成

本の構成

第1章 信条 ― ぶれない覚悟を磨く ―

第2章 姿勢 ― 一流の基本を身につける ―

第3章 成長 ― 変化を恐れない心をつくる ―

第4章 学び ― 生き抜くための武器を手に入れる ―

第5章 自信 ― 自己肯定感を高める ―

第6章 人望 ― 愛に基づき人を導く ―

第7章 貢献 ― 与えることの大切さに気づく ―

第8章 人間関係 ― 自分も相手も幸せにする ―

第9章 逆境 ― 困難を乗り越え力に変える ―

第10章 感謝 ― 感謝の本当の意味を知る ―

第11章 夢 ― 志で人の心を動かす ―

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

一流の人は、「今」にこだわる

一流の人は、いくつになっても素直に学ぶ

一流の人は、すでに自分が持っている才能を伸ばす

自分視点の見どころ3点

一流の人は、自分の声に従って行動する

一流の人は、自分を犠牲にすることなく、人の役に立つ

一流の人は、優しさと強さを兼ね備えている

まとめ

①良かった点

一流の人の磨き方についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

一流の人の磨き方について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました