「大前研一 洞察力の原点」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、大前研一さんの「大前研一 洞察力の原点」(日経BP)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、大前さんの考え方について書かれた本です。

大前さんの考え方について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

大前 研一(おおまえ・けんいち)

1943年、福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、 マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発部技師を経て、 1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。日本支社長、本社ディレクター、アジア太平洋地区会長などを歴任。 「ボーダレス経済学」と「地域国家論」を提唱し、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍。 1994年にマッキンゼーを退職。1996年に起業家養成のための学校「アタッカーズ・ビジネス・スクール」を開設、塾長に就任。 2001年より豪ボンド大学教授。2005年に日本初の遠隔教育による経営大学院「ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学院大学」を設立し、学長に就任。

構成

本の構成

序ーーー私の思考回路に焼きつけた言葉

第1章 答えのない時代に必要なこと

第2章 基本的態度

第3章 禁句

第4章 考える

第5章 対話する

第6章 結論を出す

第7章 戦略を立てる

第8章 統率する

第9章 構想を描く

第10章 突破する

第11章 時代を読む

第12章 新大陸を歩く

第13章 日本人へ

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

常識に徹底的に挑戦する

人が聞き流す話にヒントがある

「みんなと同じ」をやめる

自分視点の見どころ3点

専門を狭くしない

思いついた日から全力で努力する

やらないことを明確にする

まとめ

①良かった点

大前さんの考え方についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

大前さんの考え方について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました