「読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、藤井孝一さんの「読書は「アウトプット」が99%: その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方」(知的生きかた文庫)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、読書法について書かれた本です。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

藤井 孝一(ふじい こういち)

経営コンサルタント。株式会社アンテレクト代表取締役。1966年生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業後、大手金融会社でマーケティングを担当、その間五年間の米国駐在を経て独立。中小企業と起業家の経営コンサルティングを始める。また、ビジネスマンが会社から自立するためのノウハウについて、執筆、講演などの活動を行なう。なかでも、自らの起業体験を生かして考案した「会社を辞めずに、お金をかけずに、低リスクで起業」する、まったく新しい起業スタイルを「週末起業」と名付け提唱、一世を風靡する。

構成

本の構成

1章 もっと「本の話」を誰かとしよう

2章 「速読」よりも「乱読」せよ!

3章 読書を最高の「自己投資」にする技術

4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!

5章 私は、こんな本を読んできた

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

本は読む(インプット)だけでなく「アウトプット」することで、もっと血となり肉となる

古典は何度も読み返す「人生のテキスト」

本は「何冊か同時に読む」ほうがいい

自分視点の見どころ3点

読書によって人格がつくられる

「仕事と関係ない分野の本」が差を生む

「行動」なきところに「成功」はない

まとめ

①良かった点

読書法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました