「最短合格! 超効率「サーキット」勉強法 システムが回れば自動でうまくいく」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、椋木修三さんの「最短合格! 超効率「サーキット」勉強法 システムが回れば自動でうまくいく」(朝日新聞出版)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、資格試験などの勉強法について書かれた本です。

資格試験などの勉強法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

椋木 修三(むくのき おさみ)

1954年生まれ。中央大学中退。記憶の達人として各種テレビ番組で紹介された実践記憶術の大家。記憶術、速読術、部下育成法、社員の意識改革などで多く企業やカルチャーセンターの講師を務める。日本カウンセリング学会会員の心理カウンセラーでもあり、イメージ療法を得意とする。日本ブレインアップジム代表。

構成

本の構成

第1章 なぜ復習は成果に直結するのか―勉強したくてたまらなくなる!

第2章 できる人はやっている「マイ教科書」勉強法―とことん一冊を使い倒せ

第3章 見るだけ復習法―問題集とノートの活用 スマホのようにきれいに多用途化する

第4章 計画を立てて心を駆り立てる―数字と日付で大きな人生を描こう

第5章 日・週・月単位のサーキットスタディ―システムが回ればあとは自動でうまくいく

終章 「モレなし、ムダなし、要領よし!」の定着―成功を手に入れる九つのルール

著者が伝えたい最も大切な3点

「覚える」「思い出せる」で勉強は初めてワンセット

解答を詳しく解説した問題集がベスト

最大の敵は勉強のムラ

自分視点の見どころ3点

「速く何度も」が記憶のコツ

ノートを気づきの宝庫にする

目次で勉強のムラを防ぐ

まとめ

①良かった点

資格試験などの勉強法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

資格試験などを受けようと考えている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました