「要点を理解して、きちんと自分の知識にする読書の習慣」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、宮口公寿さんの「要点を理解して、きちんと自分の知識にする読書の習慣」(明日香出版社)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、読書法について書かれた本です。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

宮口 公寿(みやぐち きみとし)

昭和34年東京生まれ。偏差値41から東京大学薬学部に合格し、首席クラスで卒業。その後、東京大学薬学系研究科修士課程を経て、三共株式会社(現、第一三共株式会社)に入社し、分析代謝研究所に配属。平成元年、株式会社フューチャーワークスを設立し、ITシステム構築をするかたわら、メールサーバーやセキュリティーに関するコンサルティングを行なう。2008年30年間の沈黙を破り宮口式記憶術を公開。4年間で1万人以上の指導を行ない、セミナーを通じて、宮口式記憶術の普及・指導に努める。

構成

本の構成

1章 読書に関する8つの誤った考え

2章 どんな本でも理解が極めて容易になる読書術

3章 要点を理解して、自分の知識にする方法

4章 時間・場所別読書法

5章 種類別読書法

6章 これからの読書

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

知識の獲得には理解が必須

知識は芋づる式のようになっている

情報を遮断せず、たくさんの情報を斜め読みする

自分視点の見どころ3点

本は自分の思考をかき混ぜるツール

読書法は問題解決法でもある

読書は、自分の心の奥底と対話ができる数少ないチャンス

まとめ

①良かった点

読書法について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました