「SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、名越康文さんの「SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である」(夜間飛行)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、ソロタイムの大切さについて書かれた本です。

ソロタイムの大切さについて参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

名越 康文(なこし やすふみ)

1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、 精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』、『毎日トクしている人の秘密』、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』、『『男はつらいよ』の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』などがある。 夜間飛行よりメールマガジン「生きるための対話」、通信講座「名越式性格分類ゼミ(通信講座版)」配信中。

構成

本の構成

第1講 あなたは群れの中で生きている

第2講 本当の自分の見つけ方

第3講 自分の心に打ち勝つ

第4講 身体に秘められた知恵と出会う

第5講 人生を変える習慣の力

第6講 もう一度、人と出会う

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

本当の才能は、群れの中では決して評価されない

相手を見下すのは、典型的な「群れ」の思考

朝の過ごし方が、その日1日のパフォーマンスを決める

自分視点の見どころ3点

心には現実を変える力がある

大切な選択ほど、落ち着いて、平常心で選ぶ

人生の分かれ道は直感で選ぶ

まとめ

①良かった点

ソロタイムの大切さについて改めて実感しました。

②この本を読んでほしい人

ソロタイムの大切さについて興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました