「時間革命 1秒もムダに生きるな」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、堀江貴文さんの「時間革命 1秒もムダに生きるな」(朝日新聞出版)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、時間術について書かれた本です。

時間術について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

堀江 貴文(ほりえ たかふみ)

1972年福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。インターステラテクノロジズ株式会社ファウンダー。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。東京大学在学中の1996年、23歳でインターネット関連会社の有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙立候補など既得権益と戦う姿勢で注目を浴び、「ホリエモン」の愛称で一躍時代の寵児となる。2006年、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され、懲役2年6カ月の実刑判決。2011年に収監され、長野刑務所にて服役するも、メールマガジンなどで獄中から情報発信も続け、2013年に釈放。その後、スマホアプリのプロデュースや、2019年5月に民間では日本初の宇宙空間到達に成功したインターステラテクノロジズ社の宇宙ロケット開発など、多数の事業や投資、多分野で活躍中。

構成

本の構成

はじめに ぼくにとってお金より大切なもの

1 「他人の時間」を生きてはいけない

2 徹底的に「ムダ」な時間を殺せ

3 「常識や世間体」に時間を溶かすな

4 「夢中」が時間密度を濃くする

5 「健康」こそが最大の時間投資である

6 「将来を心配する」という究極のムダ

おわりに 自信とは「自分をコントロールできる」という確信

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

時間ほどかけがえのないものはない

時間の価値を高めたいとき、注意するべきは「多忙」と「多動」を勘違いしないこと

「無常」こそが体感時間を無限にする

自分視点の見どころ3点

「すきま時間」は「黄金時間」である

「ストレス時間」を徹底的に減らす

病気を防がないから人生の持ち時間が減ってしまう

まとめ

①良かった点

時間術についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

時間術について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました