「お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、金子由紀子さんの「お金に頼らずかしこく生きる 買わない習慣」(アスペクト)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、買わない習慣について書かれた本です。

買わない習慣について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

金子 由紀子(かねこ ゆきこ)

1965年生まれ。出版社勤務を経てフリーランスに。暮らし方から健康、旅行、教育まで、幅広い分野で取材・執筆に携わる。総合情報サイトAll About「シンプルライフ」ガイド。10年に及ぶひとり暮らしの経験の中で、「少ないモノでゆったり暮らす」ことの心地よさに目覚める。二児の母となった現在もシンプルライフを実践し、等身大の生活術が共感を呼んでいる。『持たない暮らし』『時間上手の暮らし方』(共にアスペクト)、『40歳からのシンプルな暮らし』(祥伝社)など、著書多数。

構成

本の構成

はじめに タイプ分けチェックチャート

1章 「買い物」が暮らしを貧しくしている

2章 買わない習慣を始めよう

3章 お金をかけずに豊かに暮らすコツ

4章 心地いい毎日をつくるお買い物術

5章 買わないことで、暮らしと世界を変える

おわりに

文庫版あとがき

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

「買わない」は、「節約」よりさらにお金がかからない

「買わない」を積み重ねていくことによって、「買わなくても大丈夫になる」

買わない習慣を始める前に「棚卸し」をやっておく

自分視点の見どころ3点

買う予定以外のものを買わない

お金の使い方に生き方が表れる

「買わない」だけでいいので、あれこれ悩まなくても済みシンプル

まとめ

①良かった点

買わない習慣について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

買わない習慣について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました