「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、西野亮廣さんの「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」(幻冬舎)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、お金と広告の関係性について書かれた本です。

お金と広告の関係性について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

西野 亮廣(にしの あきひろ)

1980年兵庫県生まれ。 芸人。 著書に、絵本『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』『えんとつ町のプペル』、小説『グッド・コマーシャル』、ビジネス書『魔法のコンパス』があり、全作ベストセラーとなっている。

構成

本の構成

はじめに

他人と競った時点で負け。自分だけの競技を創れ。

キミの才能を殺したくなければ、お金の正体を正確に捉えろ。

お金を稼ぐな。信用を稼げ。

インターネットが破壊したものを正確に捉え、売り方を考えろ。

次の時代を獲るのは「信用持ち」だ。(ほか)

おわりに

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

常識のアップデートを止めてはならない

クラウドファンディングは金のなる木ではない

広告とは、常に「最適解」を探す作業である

自分視点の見どころ3点

お金とは信用を数値化したものである

人が行動する時の動機は、常に「確認作業」

口コミが最強

まとめ

①良かった点

お金と広告の関係性についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

お金と広告の関係性について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました