「多動力」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、堀江貴文さんの「多動力」(NewsPicks Book)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、いくつものことを同時にこなす力である多動力について書かれた本です。

多動力について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

堀江 貴文(ほりえ・たかふみ)

1972年、福岡県生まれ。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。現在は宇宙ロケット開発や、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」のプロデュースを手掛けるなど幅広く活動を展開。有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校」をスタートした。

構成

本の構成

第1章 1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった

第2章 バカ真面目の洗脳を解け

第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

第4章 「自分の時間」を取り戻そう

第5章 自分の分身に働かせる裏技

第6章 世界最速仕事術

第7章 最強メンタルの育て方

第8章 人生に目的なんていらない

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

「多動力」の源泉は好奇心と集中力である

教養のない者は奴隷になる

何か疑問が湧いたら、その歴史を深く掘って、根幹から理解する

自分視点の見どころ3点

飽きっぽい人ほど成長する

3つの肩書きをもてば自分の価値は1万倍になる

人生の中で「ワクワクしない」時間を減らしていく

まとめ

①良かった点

多動力についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

多動力について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました