「結果を出す人の[20代]のすごし方」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、小宮謙一さんの「結果を出す人の[20代]のすごし方」(大和出版)をご紹介させていただきます。

この本は、20代の過ごし方について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

以前から気になっていた本だったので、この本を読みました。

参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

小宮 謙一(こみや けんいち)

株式会社クレディコム代表取締役を務める実業家、コンサルタント、ビジネス書作家。リクルート人材開発部やにソフトバンク採用統括部長などを経て、2006年にクレディコムを設立。同社設立後は、成長企業を中心とした人事コンサルティング事業やアジアの優秀な人材と日本企業とのマッチングを行うAHRP事業などを手掛けている。また、ビジネスマン向けの著書も多数発表している。

構成

本の構成

序章 20代で一歩抜き出る人には理由がある―将来、大きな結果を出すためにいますべきこと

1章 伸びる人は仕事の姿勢がひと味違う―あなたの可能性を最大限に引き出すものの見方・考え方

2章 仕事に振り回されない人は「時間の使い方」がうまい―驚くほど効率がよくなる実践タイムマネジメント術

3章 ちょっとした工夫で仕事の幅はどんどん広がる―いまから周囲と差をつける11のポイント

4章 話し方ひとつであなたの印象はガラリと変わる―信頼される人がやっているコミュニケーションの鉄則

終章 さらにステップアップするためにこれだけはやっておこう―常に成長し続ける“強い自分”のつくり方

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

101%の仕事をするようにする

仕事の幅を広げた者が生き残る

語学を学ぶことで視野が広がる

自分視点の見どころ3点

伸びる人は、向き不向きにとらわれない

素直に教えを請う姿勢を忘れない

待っていてもチャンスは訪れない

まとめ

①良かった点

20代の過ごし方についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

現在20代の方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました