「できる男は金を呼ぶ! ― 金を使うな 頭を使え」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、船瀬俊介さんの「できる男は金を呼ぶ! ― 金を使うな 頭を使え」(主婦の友社)をご紹介させていただきます。

この本は、できる男について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

タイトルに惹かれて、この本を読みました。

参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

船瀬 俊介(ふなせ しゅんすけ)

1950年福岡県生まれ。医療・食品・環境問題等に取り組むジャーナリスト。 時代の先端を行く視点がつねに注目を集めている。 『できる男は超少食』『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』『できる男のメンタルコンディショニング』(すべて主婦の友社刊)はベストセラー。

構成

本の構成

第1章 できる男はイメージ力が違う―成功をありありと想い描け!

第2章 まず、貧乏ゆすりをやめなさい―「貧乏神」と「福の神」は、これだけ違う

第3章 人に頼るな、己に頼れ!―結局、群れない人が、勝ち残る

第4章 金を使うな、頭を使え!―ドゥー・イット・ユアセルフがいちばんおもしろい

第5章 起業せよ!社長になれ!―時代の声、社会の声に、耳をすませろ

第6章 遊びをせんとや生まれけむ―金は、あとからついてくる

第7章 「大望」は、「大欲」に勝る―大きな夢を、心に描け

第8章 放てば、手に満つ(禅の教え)―与えよ!ならば汝も富む

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

できる男は、「仕事」を「趣味」にする

できる男は、いつも笑顔で仕事をする

「貧乏人」ほど金遣いが荒い

自分視点の見どころ3点

できる男は、失敗するほど強くなる

仕事は、求めるものではなく、作るものである

「成功」をありありとイメージする

まとめ

①良かった点

できる男について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

できる男になりたい方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました