「入社3年目までの習慣で、人生の7割は決まる」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、田中和彦さんの「入社3年目までの習慣で、人生の7割は決まる」(アスカビジネス)をご紹介させていただきます。

この本は、入社3年目までの習慣について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

本のタイトルに惹かれて、この本を読みました。

参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

田中 和彦(たなか かずひこ)

1958年 大分県生まれ。82年4月 (株)リクルート入社、「週刊ビーイング」編集長の後98年(株)ギャガ・コミュニケーションズ入社、2002年 ㈱クリーク・アンド・リバー社 「ディレクターズマガジン」編集長に就任、03年㈱キネマ旬報社 常務取締役に就任、07年株式会社プラネットファイブを設立し、代表取締役に就任。”今までに2万人以上の面接を行ってきた”人材コンサルタント(採用・企業内研修・組織活性化など)兼コンテンツプロデューサー(映画・出版・広報誌など)として各方面で活躍中。

構成

本の構成

第1章 働く基本を考える言葉

第2章 漫然とした日々を有意義なものに変える言葉

第3章 挑戦する勇気をもらえる言葉

第4章 迷いや悩みを乗り越えるための言葉

第5章 自分を変えるきっかけになる言葉

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

繰り返し続けることからしか、学べないものが確実にある

性格は変わらないが、行動は、気づいた瞬間から変えられる

迷ったら、「やる」を選択する

自分視点の見どころ3点

慣れが成長の最大の敵

「やりたいこと」の前に、「やるべきこと」を全うし、「やれること」の基礎を築く

割に合わない仕事の中に、自分を鍛えてくれるものがある

まとめ

①良かった点

入社3年目までの習慣についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

若手社会人の方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました