「メモの魔力 The Magic of Memos」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、前田裕二さんの「メモの魔力 The Magic of Memos」(NewsPicks Book)をご紹介させていただきます。

この本は、メモのとり方について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

私はメモを取ることが苦手なので、この本を読みました。

メモのとり方について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

前田 裕二(まえだ ゆうじ)

SHOWROOM株式会社代表取締役社長。1987年東京生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、外資系投資銀行に入行。11年からニューヨークに移り、北米の機関投資家を対象とするエクイティセールス業務に従事。数千億~兆円規模の資金を運用するファンドに対してアドバイザリーを行う。13年、DeNAに入社。仮想ライブ空間「SHOWROOM」を立ち上げる。15年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。同年8月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合併会社化。著書『人生の勝算』はAmazonベストセラー1位を獲得。

構成

本の構成

第一章 メモで日常をアイデアに変える

第二章 メモで思考を深める

第三章 メモで自分を知る

第四章 メモで夢をかなえる

第五章 メモは生き方である

終章 ペンをとれ。メモをしろ。そして人生を、世界を変えよう。

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

メモによって夢は現実になる

メモを「第2の脳」として活用する

「抽象化」は人間に与えられた最強の武器

自分視点の見どころ3点

「記録」ではなく「知的生産」のためにメモをとる

ノートは見開きで使う

メモの本質は「ノウハウ」ではなく「姿勢」である

まとめ

①良かった点

メモのとり方についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

メモのとり方について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました