「お金持ちの教科書」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、加谷珪一さんの「お金持ちの教科書」(CCCメディアハウス)をご紹介させていただきます。

この本は、お金持ちについて書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

お金について知りたかったので、この本を読みました。

参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

加谷 珪一(かや けいいち)

東北大学卒業後、出版社記者を経て、投資ファンド運用会社に転職。2000年、コンサルタントとして独立。企業に対する経営コンサルティング、ITコンサルティング、資産運用アドバイス等を行う。現在は、億単位の投資を行う投資家でもある。また、「お金持ちの教科書」「出世の教科書」「投資の教科書」「起業・独立の教科書」などのウェブサイトを運営。

構成

本の構成

I お金持ちの実像を知る

1 お金持ちってどんな人?

2 お金持ちはどのくらいお金を持っているか?

II お金持ちの行動原理を学ぶ

3 お金持ちはいい人? 悪い人?

4 お金持ちの感覚を知る―お金持ちへの第一歩

5 お金持ちの行動から学べること

III お金持ちになるために行動する

6 どうすればお金持ちになれるのか?

7 お金が逃げていく! あなたの危険なその行動

8 あなたはなぜ、お金持ちになりたいのか?

あとがきにかえて――「小金持ち」でもいいから何とかしたい人へ

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

同じお金持ちでも、資産家と高給取りは違う

お金持ちの基準は最低1億円から

「お金持ち脳」の年齢制限は30代前半

自分視点の見どころ3点

お金持ちでないなら倹約が一番

お金持ちは食事代をケチらない

まずは賢い消費者になることが先決

まとめ

①良かった点

お金持ちについて参考になりました。

②この本を読んでほしい人

お金持ちについて興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました