「残念な人のお金の習慣」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、山崎将志さんの「残念な人のお金の習慣」(青春出版社)をご紹介させていただきます。

この本は、お金の習慣について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

お金について学びたいと思ったので、この本を読みました。

参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

山崎 将志(やまざき まさし)

ビジネスコンサルタント。1971年、愛知県生まれ。東京大学経済学部経営学科卒業。94年にアクセンチュア入社後、2003年独立。ビジネスコンサルティングのアジルパートナーズ、生活総合支援サービスと5円コピーのカジタク(2011年4月よりイオングループ傘下)、プロフェッショナル研修の知識工房など複数の事業の運営に、株主、経営者、実務担当者の三つの立場から携わる。

構成

本の構成

1章 お金を稼ぐために決定的に重要なこと

2章 お金のためにすべてを変えろ

3章 お金を稼ぐ人の時間と頭の使い方

4章 貯金、そして投資、消費、浪費

5章 こうすると投資は失敗する

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

給料には上限がある

人並み以上に稼ぎたければ、自分でビジネスをやるべし

稼ぐ人は仕事への投入時間量が多い

自分視点の見どころ3点

チャンスのために貯金する

お金による満足には限界がある

お金があっても心配事は減らない

まとめ

①良かった点

お金の習慣について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

お金の習慣について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました