「貧困脱出マニュアル」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、タカ大丸さんの「貧困脱出マニュアル」(飛鳥新社)をご紹介させていただきます。

この本は、貧困から脱出する方法について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

タイトルに惹かれて、この本を読みました。

参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

タカ大丸

英語同時通訳・スペイン語翻訳者のポリグロット(多言語話者)。1979年福岡県生まれ岡山市育ち、最下層の貧困母子家庭にて少年時代を送る。中学時代から4年間新聞配達を続け、高校時代から米国留学を志し独学で英語の勉強を始める。高校卒業後肉体労働で資金をため2000年1月に米国ニューヨーク州立大学ポツダム校に入学、政治学を専攻し、イスラエルのテル・アヴィヴ大学でも交換留学で学ぶ。卒業後は様々な職業を経験後、翻訳者として自ら発掘した海外書籍を刊行しベストセラーに。

構成

本の構成

1章 基本スキル 編

2章 DV家庭脱出 編

3章 職選び 編

4章 語学力アップ 編

5章 未来予測 編

6章 トラウマ脱出 編

7章 稼ぎ続ける人の習慣 編

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

徹底的に誰かの思考を取り入れてみる

小金が貯まったら、まず歯に投資する

貧乏なやつほど財布のひもがゆるい

自分視点の見どころ3点

万人受けを狙ってはいけない

いちばん簡単で効果的なのは「肉体を鍛える」こと

英語はできたほうが貧困脱出につながる

まとめ

①良かった点

貧困から脱出する方法について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

貧困で悩んでいる方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました