「「やりたいこと」を先送りしてしまう自分が変わる本」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、望月俊孝さんの「「やりたいこと」を先送りしてしまう自分が変わる本」(フォレスト出版)をご紹介させていただきます。

この本は、自分が変わるための方法について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

タイトルに惹かれて、この本を読みました。

参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

望月 俊孝(もちづき・としたか)

1957年山梨県生まれ。上智大学法学部卒。 中学時代より、古今東西の成功法則、イメージ・トレーニング、 健康法などに興味を持ち、独自に研究を始める。 能力開発セミナー会社などを経て、 独立するも失敗し、多額の借金をかかえる。 再就職した会社も1年で突然リストラされる。 そこから宝地図、レイキなどによって 短期間のうちにV字回復を果たし、 次々と夢を叶えていく。 現在、夢実現(宝地図)、ヒーリング(レイキ・癒し)、 セルフイメージ向上(エネルギー・マスター)を主体とする 人材教育に関わっている。25年間で62万人に直接指導。

構成

本の構成

第1章:人生の扉は、すべて正解につながっている

第2章:ワクワクが人生の「守備範囲」を決めている

第3章:未来の理想の自分からメッセージを受け取る――ステップ1

第4章:未来の理想の自分と対話する――ステップ2

第5章:未来の理想の自分に会いに行く――ステップ3

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

人間は生まれながらに人生を楽しむ力を持っている

「すぐやる」人には、すごい未来が待っている

すべては、天命に導かれている

自分視点の見どころ3点

ビジネスの成功は、「守備範囲」にある

感情が使命を教えてくれる

人間は想像力を発揮した分だけ、創造力が湧いてくる

まとめ

①良かった点

自分が変わる方法について参考になりました。

②イマイチだった点

内容がスピリチュアルすぎて自分には不向きでした。

③この本を読んでほしい人

自分が変わる方法について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました