「貧乏は完治する病気 ~金持ちになるための劇的な思考法~」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、天野雅博さんの「貧乏は完治する病気 ~金持ちになるための劇的な思考法~」(あさ出版)をご紹介させていただきます。

この本は、お金の儲け方について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

お金について学びたいと思ったので、この本を読みました。

お金の儲け方について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

天野 雅博(あまの・まさひろ)

1967年10月、北海道新ひだか町静内出身。 両親から認知されず、幼少期を養護施設で過ごす。 小学生時代から放浪癖があり、施設からの脱走を繰り返す。 暴走族を率いたかどで、少年院生活を送る。 3度の少年院を経験し、松本少年刑務所へ入る。 出所後、リサイクルブティックを7店舗経営し、大成功を収める。 その当時の経営手法は、『起業士・天馬~運命よ そこをどけ 俺が通る』 シリーズ3作で映画化された。 Vシネ業界初の起業ハウトゥー・ムービィーとして注目を集め、 TSUTAYA上半期ランキング1位を獲得。 31歳のとき酸素事業や酸素バーを展開し、全国に酸素ブームを巻き起こした。 その様子は「NHKおはよう日本」をはじめ各テレビ局で放映された。 33歳で、酸素事業を売却。その後、独立起業家支援を始め、 2年間で47社のオーナーとなり、ペット保険や男性化粧品などを世に出した。 現在は世界的カジノビジネスプランナーとして活動、 世界のカジノホテルのVIPでもある。 2009年、東久邇宮文化褒賞を受賞。 2010年からは居酒屋チェーン「居酒屋革命」の 全国展開を推進している。

構成

本の構成

はじめに だから私には金のことがわかる

第1章 すべてがマイナスから始まった

第2章 なぜ、あなたは貧乏なのか

第3章 金の正体とは何か

第4章 金をどう貯めるか

第5章 金のほんとうに利口な使い方

第6章 金の稼ぎ方・儲け方

おわりに 夢を実現するための手段として 本書の発行に寄せて

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

お金を貯めるのは使い道を決めてから

お金は稼ぐより使うほうが難しい

貧乏からの脱却には時間がかかる

自分視点の見どころ3点

お金儲けは常識の否定から始まる

お金儲けの意図を明確にする

若いときの損失は授業料

まとめ

①良かった点

お金の儲け方についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

お金の儲け方について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました