「あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、尾上堅視さんの「あたりまえだけど誰も教えてくれない お金のルール」(明日香出版社)をご紹介させていただきます。

この本は、お金のルールについて書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

お金について学びたいと思ったので、この本を読みました。

お金のルールについて参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

尾上 堅視

会社員を経て一念発起、ファイナンシャルプランナーの資格を取る。家計の総合相談センター相談員。「かえるの気長な生活日記。」(投信ブログ)主催。家計の総合相談センターにて、保険・投資・年金・住宅などお金に関する相談を受けている。他にセミナー講師、コラム執筆など。

構成

本の構成

1章 お金との関係を見直そう

2章 知っておきたい、基本のお金節約術と管理法

3章 お金をふやすために

4章 将来のお金のことを考えよう

5章 年金はあてにできる?

6章 保険のこと、キチンと考えてみよう

7章 自分のお金を守るために知っておきたい社会のしくみ

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

家計簿で自分のお金の流れをつかむ

クレジットカードは使わない方が無駄使いが減り、効果的である

お金はなんとなくだと貯まりにくい

自分視点の見どころ3点

まずは、管理力から身につける

時間がお金をつくり出す

健康への投資が大事

まとめ

①良かった点

お金のルールについて参考になりました。

②この本を読んでほしい人

お金について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました