「差がつく読書」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、樋口裕一さんの「差がつく読書」(角川oneテーマ21)をご紹介させていただきます。

この本は、読書法について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

いろいろな人の読書法について知りたかったので、この本を読みました。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

樋口 裕一(ひぐち ゆういち)

1951年大分県生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、立教大学大学院博士課程修了。京都産業大学文化学部客員教授。作文・小論文専門の通信添削講座「白藍塾」を主宰。アフリカ、フランス文学翻訳家。

構成

本の構成

第1部 「実読」の方法(「実読」と「楽読」 「実読」とは 「実読」は発信しなければ意味がない ほか)

第2部 「楽読」の方法(「楽読」の心得 小説、エッセイはただ楽しめ 小説・エッセイも発信につながる)

第3部 私の読んできた百冊(若いころに読んで、胸をときめかした書物 大人になってから読んで大きな影響を受けた本)

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

すべての本は良書である

理解しなくてよい本は多読する

精読よりも繰り返し読み

自分視点の見どころ3点

音読は必要ない

だんだんと関心を広げていくのが正しい読書

人に説明してこそ、それが自分のものになる

まとめ

①良かった点

読書法について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました