「多読術」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、松岡正剛さんの「多読術」(ちくまプリマー新書)をご紹介させていただきます。

この本は、読書法について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

いろいろな人の読書法について知りたかったので、この本を読みました。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

松岡 正剛(まつおか せいごう)

1944年、京都府生まれ。編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。科学から芸術におよぶ多様なジャンルに取り組み、その研究成果を著作・映像等として発表。独自の視点による情報文化論、日本文化論に定評がある。インターネット上で壮大なブックナビゲーション「千夜千冊」を展開中。

構成

本の構成

第一章 多読・少読・広読・狭読

第二章 多様性を育てていく

第三章 読書の方法を探る

第四章 読書することは編集すること

第五章 自分に合った読書スタイル

第六章 キーブックを選ぶ

第七章 読書の未来 あとがき

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

マッピングで本を整理する

読書に危険はつきもの

活字中毒になってみる

自分視点の見どころ3点

本は2度読む

自分の「好み」を大切にする

読書を仲間と分かち合う

まとめ

①良かった点

読書法について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました