「ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。 今日は、ちきりんさんの「ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法」(イースト・プレス)をご紹介させていただきます。

この本は、ちきりんさんの物事の考え方について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

タイトルに惹かれて、この本を読んでみました。

思考の方法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

ちきりん

関西出身。バブル最盛期に証券会社で働く。その後、米国の大学院への留学を経て外資系企業に勤務。マネージャー職を務めたのちに早期リタイヤし、現在は「働かない生活」を謳歌中。崩壊前のソビエト連邦などを含め、これまでに約50カ国を旅している。2005年春から“おちゃらけ社会派”と称してブログ「Chikirinの日記」を開始。政治・経済からマネー・問題解決・世代論まで、幅広いテーマを独自の切り口で語り人気を博す。現在、月間100万以上のページビュー、日に2万以上のユニークユーザーを持つ、日本でもっとも多くの支持を得る個人ブロガーの1人。

構成

本の構成

1 ラクに生きる

2 「自分基準」で生きる

3 賢く自由に「お金」とつきあう

4 仕事をたしなみ、未来をつくる

5 ストレスフリーで楽しく過ごす

おわりに

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

多くの人にはできないスキルを身につける

目標は低く持つ

日本は素晴らしい国

自分視点の見どころ3点

勝てる市場を選ぶ

「成長したい」だけではダメ

世の中が求めていることができるようになる

まとめ

①良かった点

ちきりんさんの物事の考え方について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

ちきりんさんの物事の考え方について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました