「食べて飲んでおなかからやせる」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、柏原ゆきよさんの「食べて飲んでおなかからやせる」(かんき出版)をご紹介させていただきます。

この本は、食事術について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

最近肥満で悩んでいたので、この本を読みました。

参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

柏原 ゆきよ(かしわばら ゆきよ)

(一社)日本健康食育協会代表理事、管理栄養士。4万人以上の食事サポートの経験を通じて「おなかからやせて健康になる」食べ方メソッドを開発。1973年生まれ。共立女子大学卒業後、(株)成城石井に就職。その後、フィットネスクラブでのアスリートへの食のサポートや、美容系ベンチャー企業の立ち上げ、企業の健康管理に携わり、サプリメントメーカーの役員を経て、2007年に起業。2011年には、(一社)日本健康食育協会を設立する。2008年より、定食チェーン大戸屋の食育プロジェクトを推進。

構成

本の構成

PROLOGUE 食べて飲んでおなかからやせられる理由

PART1 おなかやせ体質になる! 基本の食事の考え方

PART2 おなかからやせて身体にいい! 「食材」の選び方

PART3 みるみる身体が変わる「食べ方」

PART4 おなかからごっそりやせる食習慣

PART5 これで太らない! シーン別の食べ方

PART6 不調もスッキリ! 「症状別」の食べ方

PART7 食べて飲んでおなかからやせ続ける! 年代別の食べ方

EPILOGUE おなかやせ習慣とごはんのおとも

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

食事の回数は1日3回が基本

噛む回数より、1食20分かけて食べる

食を変えれば、身体も心も変わる

自分視点の見どころ3点

胃腸のほとんどが筋肉でできている

脂質が多いと体脂肪がついてしまう

メタボ対策にはマグネシウムを摂る

まとめ

①良かった点

食事術について参考になりました。

②この本を読んでほしい人 肥満などで悩んでいる方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました