「偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」 仕事にも勉強にも必須な 「理解力」と「連想力」が劇的に身につく」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、粂原圭太郎さんの「偏差値95、京大首席合格者が教える「京大読書術」 仕事にも勉強にも必須な 「理解力」と「連想力」が劇的に身につく」(KADOKAWA)をご紹介させていただきます。

この本は、読書法について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

いろいろな人の読書法について知りたかったので、この本を読みました。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

粂原 圭太郎(くめはら けいたろう)

1991年群馬県生まれ。2010年、京都大学経済学部経済経営学科入学。中学時代より「勉強法」「記憶術」などに興味を持ち、1000冊以上の関連書籍を読む。高校時代に最高偏差値95を出す。その後、京大に現役でトップ合格。大学在学中に「勉強革命.com」を運営し、やる気が出る勉強法を受験生に伝え好評を得る。現在はオンライン学習指導塾「粂原学園」で、小学生から高校生まで全国各地の受験生を指導している。

構成

本の構成

第1章 読解力を高める「読解力・論理力」

第2章 情報収集のための速読術「集中力」

第3章 自由な発想を養う「発想力」

第4章 考える力を育む「連想力」

第5章 応用力を身につける「応用力」

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

本を買ったらすぐに1、2行でも読んでおく

読書で「狭く、深く」を極める

1時間ほど読んだら、そのあと5分でいいので見返す

自分視点の見どころ3点

同じ本でも、読むタイミングによって、自分に刺さる言葉が変わってくる

常識を疑いながら本を読む

人間の基礎力は王道の本からつくられる

まとめ

①良かった点

読書法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました