「読書する人だけがたどり着ける場所」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、齋藤孝さんの「読書する人だけがたどり着ける場所」(SB新書)をご紹介させていただきます。

この本は、読書法について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

いろいろな人の読書法について知りたかったので、この本を読みました。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

齋藤 孝(さいとう たかし)

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。ベストセラー作家、文化人として多くのメディアに登場。著書多数。『語彙力こそが教養である』(KADOKAWA)は17万部を突破するベストセラーに。著書発行部数は1000万部を超える。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

構成

本の構成

序章 なぜ、いま本を読むのか

第1章 読書をする人だけがたどり着ける「深さ」とは

第2章 深くなる読書浅くなる読書何をどう読むか

第3章 思考力を深める本の読み方

第4章 知識を深める本の読み方

第5章 人格を深める本の読み方

第6章 人生を深める本の読み方

第7章 難しい本の読み方

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

ネットで文章を読むことと、本を読むことは違う

深みは読書でつくられる

深い知識はあらゆる分野でつながる

自分視点の見どころ3点

専門バカになってはいけない

知識は細胞分裂のように増える

「つながり」を意識すれば、知識が取り出しやすくなる

まとめ

①良かった点

読書法についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法について興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました