「東大合格者が実践している 絶対飽きない勉強法」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、鬼頭政人さんの「東大合格者が実践している 絶対飽きない勉強法」(大和書房)をご紹介させていただきます。

この本は、勉強法について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

いろいろな人の勉強法について知りたかったので、この本を読みました。

勉強法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

鬼頭 政人(きとう・まさと)

1981年生まれ。開成中学、開成高校を経て、現役で東京大学文科I類(法学部)に合格。 卒業後は慶應義塾大学法科大学院に進学し、在学中に司法試験に一発合格。 司法修習を経て都内法律事務所に弁護士として勤務。ベンチャー企業を支援したいとの思いから投資ファンドに勤務した後、2013年12月、資格試験対策をオンラインで提供する「資格スクエア」を創業。 著書に『頭のよさとは「ヤマを張る技術」のことである』(KADOKAWA)、『結局、ひとりで勉強する人が合格する』(幻冬舎)がある。

構成

本の構成

第1章 勉強に飽きてきたときに試してほしい 集中する技術(症状別 机に向かっても「やる気が起きない病」の特効薬 どんなに気が散っていても「一瞬で集中する」技術 ほか)

第2章 合理的かつ速やかに合格する 勉強の技術(まずは「過去問」。とにかく「過去問」 参考書は「みんなが使っているもの」を使え ほか)

第3章 最小時間で最大の効果を発揮する 勝者の時間術(東大合格者は、どのようにスケジュールを立てるのか 落ちる人は「全力」で勉強する ほか)

第4章 やる気を高めるからだをつくる 最強の生活習慣(受かる人ほど、よく眠る 合格するのは「朝勉派」「夜勉派」? ほか)

特別収録 現役東大生に聞く「私はこうして合格しました」

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

参考書は「みんなが使っているもの」を使う

蛍光マーカーや暗記ペンは不要

やる気と集中力をコントロールし、最小限の労力で合格する

自分視点の見どころ3点

試験勉強は単なる技術である

自分なりの「ルーティン」を見つける

文房具はモチベーションアップに使う

まとめ

①良かった点

勉強法について参考になりました。

②イマイチだった点

内容が大学受験生向けでした。

③この本を読んでほしい人

勉強法について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました