「「うつ」とよりそう仕事術」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、酒井一太さんの「「うつ」とよりそう仕事術」(Nanaブックス)をご紹介させていただきます。

この本は、うつ病の人の仕事術について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

私自身うつ病で仕事ができなくて困っていたので、この本を読みました。

うつ病の人でも仕事ができるということが参考になったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

酒井 一太(さかい・かずもと)

1975年生まれ。商社にてシステム担当として勤務。2007年8月にうつ病と診断され、07年8月~9月、08年5月~8月と、2度の休職・復職を繰り返す。 現在も週に一度、心療内科に通院。抗うつ薬の服薬を続けている。 うつ病などの精神疾患を患っていても、普通の人と何ら遜色ない仕事をし、充実して幸せな生活を送るための、小さな工夫をメインテーマに、クオリティ・オブ・ライフを向上させるための気づきを取り上げるブログ『Find the meaning of my life.』を主宰している。 仕事術、情報整理術分野に精通し、「東京ライフハック研究会」など、各種セミナーでも活躍中。 『AERAムック 職場のうつ2011-2012』、特集記事にインタビューが掲載されている。 ブログ:http://kazumoto.jp

構成

本の構成

ステップ1 生活編 復職までにしておくこと

ステップ2 基本編 仕事に対する考え方を改める

ステップ3 応用編 職場でできる小さな工夫

ステップ4 改善編 うつとつき合う小さな工夫

コラム うつ病患者が考える「うつ病の人との接し方」

スポンサーリンク

 

著者が伝えたい最も大切な3点

うつ病の「回復期」には生活リズムを整える

うつ病を隠して仕事はできないと覚悟を決める

復職はゴールではなく、その先が重要である

自分視点の見どころ3点

まずは家事から始める

「できる」ことを確認する

復職当初は「裏方仕事」を率先して受ける

まとめ

①良かった点

うつ病の人でも仕事ができるということがとても参考なりました。

②この本を読んでほしい人

うつ病で悩んでいる方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました