「読む技術:成熟した読書人を目指して」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、塚田泰彦さんの「読む技術:成熟した読書人を目指して」(創元社)をご紹介させていただきます。

この本は、読書法について書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

いろいろな人の読書法について知りたかったので、この本を読みました。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

塚田 泰彦

1952年、滋賀県生まれ。東京教育大学大学院教育学研究科修士課程修了、博士(教育学)。筑波大学附属駒場中・高等学校教諭、上越教育大学学校教育学部助教授、筑波大学教育学系教授などを経て、筑波大学人間系教授。専門は言語教育学、国語科教育。日本読書学会会長、全国大学国語教育学会理事長、日本国語教育学会常任理事などを歴任

構成

本の構成

I章 「読む」とはどういうことか
II章 読書をいつ、どこで学んだか
III章 自分の読書術をつくる
IV章 読書生活を生きる
V章 ネット時代の読書術

スポンサーリンク

著者が伝えたい最も大切な3点

読む技術とは、読もうとするための技術である

本を読む力があるのに読まない「不読者」が増えている

1日25分の読書で一千語が覚えられる

自分視点の見どころ3点

読む生活を見直す

読む力を伸ばすために書く

成熟した読者を目指す

まとめ

①良かった点

読書法について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました