「「どうせ変われない」とあなたが思うのは、「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、千田琢哉さんの「「どうせ変われない」とあなたが思うのは、「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ」(すばる舎)をご紹介させていただきます。

この本は、自分らしさについて書かれた本です。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

著者の千田さんの本は、今までに何冊も読んでいて、良い本が多かったのでこの本を読んでみました。

とても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

千田 琢哉(せんだ たくや、愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち)

文筆家。東北大学教育学部教育学科卒。日系損害保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして戦略策定からその実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。
のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話によって得た事実とそこで培った知恵を活かし、〝タブーへの挑戦で、次代を創る〟を自らのミッションとして執筆活動を行っている。

構成

本の構成

【1章】「ありのままの自分」を直視するとはどういうことか?
【2章】「方向性を定める」とはどういうことか?
【3章】「組織の中で生きる」とはどういうことか?
【4章】「自分らしく生きる」とはどういうことか?

スポンサーリンク

著者が伝えたい最も大切な3点

隠し切れなくてついはみ出してしまうものが「自分らしさ」

憧れの人の前でしどろもどろになるのが「ありのままの自分」

芯は無理に通すものではなく、自然に通っているもの

自分視点の見どころ3点

あなたの軸は、嫌いな人が気づかせてくれる

好きなことは見つけるものではなく、思い出すもの

夢につながっている実感がゼロなら、さっさと土俵を変える

まとめ

①良かった点

自分らしさについてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

自分らしさを見つけたいと思っている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました