「正しい本の読み方」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、橋爪大三郎さんの「正しい本の読み方」(講談社現代新書)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

この本はどんな本?

この本は、読書法について書かれた本です。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

著者の紹介

橋爪 大三郎(はしづめ だいさぶろう、1948年生まれ)

社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東京工業大学名誉教授。

主な著書に『はじめての構造主義』『はじめての言語ゲーム』(ともに講談社現代新書)、『ほんとうの法華経』(ちくま新書)、『戦争の社会学』(光文社新書)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)などがある。

構成

本の構成

はじめに

<基礎篇>
第一章 なぜ本を読むのか
第二章 どんな本を選べばよいのか
第三章 どのように本を読めばよいのか

<応用篇>
第四章 本から何を学べばよいのか
【特別付録】必ず読むべき「大著者一〇〇人」リスト
第五章 どのように覚えればよいのか
第六章 本はなんの役に立つか

<実践篇>
第七章 どのようにものごとを考えればよいのか
終章 情報が溢れる現代で、学ぶとはどういうことか

スポンサーリンク

著者が伝えたい最も大切な3点

本を読むとは、著者の「思想」と付き合うことである

本にはネットワークがあり、単独では存在していない

本には、情報にはないメッセージがある

自分視点の見どころ3点

学ぶことは人生の質を高める

すべての本は、間違っている可能性がある

本を読んだ経験は、意思決定をサポートする

まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、読書法について参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読書法について興味がある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました