スポンサーリンク

「世界のエリートは10冊しか本を読まない」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、鳩山玲人さんが書いた「世界のエリートは10冊しか本を読まない」(SBクリエイティブ)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、ハーバード式の読書法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

レビューを読んで興味が湧いたので、この本を読みました。

とても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

鳩山 玲人(はとやま れひと、1974年生まれ)

鳩山総合研究所 代表取締役。スタンフォード大学客員研究員。元サンリオ常務取締役。
青山学院大学を卒業後、三菱商事に入社。エイベックスやローソンでエンタテインメント事業に従事。2008年にハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。同年、サンリオに入社。サンリオで海外事業を拡大し、サンリオ メディア&ピクチャーズ・エンターテインメントのCEOとして映画事業にも従事し、2016年6月に退任。DeNA、LINE、ピジョン、トランスコスモスの社外取締役を歴任。現在、シリコンバレーのベンチャーキャピタルであるSOZO VENTURESのベンチャーパートナーや、Youtuberを束ねるUUUMのアドバイザーも務めている。米国経済誌「Business Insider」より、フェイスブックのシェリル・サンドバーグや政治家のミット・ロムニーと並んで「ハーバード・ビジネススクールの最も成功した卒業生31人」にも選出される。シリコンバレーにあるベンチャーキャピタリストの核にある先鋭組織、Kauffman Fellowsメンバー。

主な著書に『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』(幻冬舎)、 『ブロックバスター戦略』(監訳・解説/東洋経済新報社)、『世界の壁は高くない』(廣済堂出版)、『世界のエリートがやっている どこでも通用する実力がつく仕事筋トレーニング』(サンマーク出版)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 あなたの読書は、なぜ役に立たないのか ―結果を出す人の読み方・出ない人の読み方―
第2章 速読よりも大切な最強の読書術 <基本編>
第3章 人生の時間が倍になる! 最強の1冊の使い方<実践編>
第4章 情報勝者になる本の選び方・出会い方
第5章 ずば抜けた結果を連れてくる! 最強の読み方<紹介編>

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

ビジネスで結果を出したいなら、評論する側ではなく、実践者になること

② 本を読む目的とは「課題解決」だけである

アメリカ人は本を読むとき、「自分ならどうするか」を考えながら読んでいる

5. 自分視点の見どころ3点

① 読書とは、著者の主張を正しく理解するために読むのではない

読書の後に書くべきことは「次のステップ(自分なりの結論)」

仕事や人生の質を上げるには、背景や状況を知ることが不可欠である

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、読書の目的についてとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

ハーバード式の読書法について興味がある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク