スポンサーリンク

「堀江貴文 人生を変える言葉」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、堀江貴文さんが書いた「堀江貴文 人生を変える言葉」(宝島社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、堀江さんの物事の考え方について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

著者の堀江貴文さんの本は、今まで何冊も読んできて良い本が多かったので、この本を読みました。

とても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

堀江 貴文(ほりえ たかふみ、福岡県出身、1972年10月29日生まれ)

元ライブドア代表取締役社長CEO、現在、民間ロケット開発を行うSNS media & consulting株式会社 ファウンダー。

東京大学在学中の1996年4月、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂを設立。

2000年に売上高2億5000万円で東証マザーズに上場。2002年、経営破綻した旧ライブドア社から営業権を取得した上で、ライブドアへ社名を変更した。

2004年~2005年にかけて、大阪近鉄バファローズやニッポン放送の買収計画、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で、一気に時代の寵児となる。しかし、2006年に証取法違反容疑で東京地検特捜部により逮捕され、その後、懲役2年6ヶ月の実刑判決が言い渡された。2011年6月に収監され、長野刑務所にて服役。2013年3月27日に仮釈放される。同年11月10日に刑期満了。

主な著書に「稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方」(光文社)、「君がオヤジになる前に」(徳間書店)、「お金はいつも正しい」(双葉社)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 走る
第2章 貫く
第3章 生きる
第4章 思考する
第5章 稼ぐ
第6章 つながる
第7章 学ぶ
第8章 見通す

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

目標は短期間で成し遂げる

アイデアよりも大事なのは実行力

物事の仕組みを自分の頭で考える

5. 自分視点の見どころ3点

考えすぎてしまう人は、いつもチャンスを逃す

好きなことをしていれば、人は幸せでいられる

人と違ってこそ道は開ける

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、堀江さんの物事の考え方がわかりやすく書いてあり、とても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

堀江さんの物事の考え方に興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク