スポンサーリンク

「やる気のスイッチ!」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、山崎拓巳さんが書いた「やる気のスイッチ!」(サンクチュアリ出版)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、やる気を出す方法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

知人に勧められてこの本を読みました。

とてもわかりやすく書かれていたので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

山崎 拓巳(やまざき たくみ、1965年三重県生まれ)

広島大学教育学部中退。22歳で「有限会社たく」を設立し、現在は3社を運営。「凄いことはアッサリ起きる」―夢―実現プロデューサーとして、リーダーシップ論、コミュニケーション術、仕事術、メンタル/タイムマネジメントほか多彩なテーマで年間約200件の講演、セミナーを実施。現在までに延べ150万人以上にスピーチを行なう。

3. 構成

本の構成

自分で選んでいること
心のスクリーン
夢は過去完了形
合意上の現実
心のチャンネル
モヤモヤノート
スリープ状態
記憶の編集
妄想日記
無意識の検索〔ほか〕

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① 気になっていることを紙に書き出す

② めざしている人たちの集団に飛び込む

③ うまくいっている人の話を全部メモる

5. 自分視点の見どころ3点

① 目の前の小さなことを、ものすごく丁寧にはじめる

② 思ったことは叶う

③ 好調なときほど、基本に戻るようにする

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、やる気の出し方についてとてもわかりやすく書いてありました。

②この本を読んでほしい人

やる気が出なくて困っている方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク