スポンサーリンク

「一流役員が実践している仕事の哲学」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、安田正さんが書いた「一流役員が実践している仕事の哲学」(クロスメディア・パブリッシング)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、仕事術について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

タイトルに惹かれてこの本を読んでみました。

とてもわかりやすく書かれていたので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

安田 正(やすだ ただし、1953年8月6日生まれ、宮城県出身)

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役、早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授。

1978年神奈川大学外国語学部英語英文学科卒業。株式会社兼松パーソネルサービス・国際化事業部長を経て、1990年企業向け語学研修機関、株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ設立。1990年より法人向け英語研修を始め、現在は英語の他、ロジカル・コミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応コーチング、交渉などのビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活躍している。大手企業を中心に1700社に研修を行い、一般社員の他に役職者1000人以上の指導実績を持つ。

主な著書に「ロジカル・コミュニケーション®」(日本実業出版)、「図解ロジカルトレーニング」(朝日新聞出版)、「会議力」(日本経済新聞社)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 平社員と部長と役員の違い

第2章 三流の仕事 二流の仕事 一流の仕事

第3章平社員で 終わる人 部長止まりの人 役員まで行く人

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① スピードこそ仕事の段取りの肝になる

② 一瞬の惰性が全ての努力を水の泡にする

③ 継続はその人の精神力を体現する

5. 自分視点の見どころ3点

① 自分のこだわりをつらぬくと個性的になる

② 一流のひとは健康オタクである

③ 基本の仕事にこそ普段の努力が表れる

6. まとめ

①良かった点

一流の人とそうでない人の比較がわかりやすく書かれていました。

②イマイチだった点

共感できるところとそうでないところがありました。

③この本を読んでほしい人

仕事力を向上させたいと思っている方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク