スポンサーリンク

「20代でやっておきたいこと」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、川北義則さんが書いた「20代でやっておきたいこと」(三笠書房)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、20代でやっておくとよいことについて書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

タイトルに惹かれて、この本を読んでみました。

とてもわかりやすく書いてあったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

川北 義則(かわきた よしのり、1935年大阪生まれ)

1958年慶應義塾大学経済学部卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。文化部長、出版部長を歴任後、1977年に日本クリエート社を設立。
現在、出版プロデューサーとして活躍するとともに、生活経済評論家として新聞、雑誌などに執筆、講演活動を行なっている。

3. 構成

本の構成

まえがき
二十代――あらゆる可能性を信じ、後悔しない生き方を!

1章《自分を伸ばすために》
二十代で経験しておきたいこと。

2章《会社で働くときに》
これだけは知っておきたい、13のこと。

3章《二十歳からの勉強法》
二十代の読書量で、人生は決まる!

4章《社会人として人間関係術
絶対覚えておきたい「大人」のルール。

5章《人に頼らない生き方》
自分は自分!「比べる生き方」をやめよう。

6章《夢のある人生を楽しむために》
元気の出る二十代のための生き方。

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① よいメンターを見つける

② 日本のことをもっと知る

③ 日本人としてのプライドをもつ

5. 自分視点の見どころ3点

① 20代の読書量で人生は決まる

② やりたいことはとことん追求する

③ 20代は「まずやってみること」が大事

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、20代の過ごし方についてわかりやすく書かれていました。

②イマイチだった点

他の本にも書かれていることが多く、参考になる部分が少なかったです。また、言葉の表現がきつく、人によって向き不向きがあると思いました。

③この本を読んでほしい人

現在20代の方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク