スポンサーリンク

「ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、本田直之さんが書いた「ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと」(朝日新聞出版)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、ノマドライフについて書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

ノマドライフに興味があったので、この本を読みました。

とてもわかりやすく書かれていたので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

本田 直之(ほんだ なおゆき、1968年6月16日生まれ)

明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校(現サンダーバード国際経営大学院)経営学修士。レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。
シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。
ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。

主な著書に『レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則』(幻冬舎新書)、『レバレッジ・リーディング』(東洋経済新報社)、『レバレッジ勉強法』(大和書房)、『レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術』(東洋経済新報社)などがある。

3. 構成

本の構成

1 なぜ、ノマドライフなのか?(「旧来型のスタンダード」から自由になる
モノ・場所・時間・お金から自由になる ほか)
2 ノマドライフの実践―ワークとテクノロジー(どこにいても仕事ができるスタイル
“ベーシックインカム”を手放してはいけない ほか)
3 ノマドライフの実践―お金と生活(お金があっても、ノマドライフは実現しない
自由と生産性のマトリックスを知っておく ほか)
4 ノマドライフの実践―思考のトレーニング(減らすことで、自由が増える
思考のストレッチをする ほか)

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① ノマドライフは誰にでもできる

会社をすぐに辞めてはいけない

「もう一つの仕事」を見つける種まきをする

5. 自分視点の見どころ3点

① ノマドライフは「今すぐ」にはできない

② お金があってもノマドライフは実現しない

③ 「自己ブランド」強化のための「セルフメディア」をもつ

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、参考になる部分は多かったのですが、自分にはまだノマドライフは早いかなと感じました。

②この本を読んでほしい人

ノマドライフに興味がある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク