スポンサーリンク

「知的読書の技術」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、渡部昇一さんが書いた「知的読書の技術」(ビジネス社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、知的読書の方法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

いろんな人の読書法を知りたかったので、この本を読みました。

読書法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

渡部 昇一(わたなべ しょういち、1930年10月15日生まれ – 2017年4月17日死去、山形県出身)

日本の英語学者、評論家。上智大学名誉教授。専攻は英語文法史。学位はドイツのミュンスター大学(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学)博士。名誉学位はミュンスター大学(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学)名誉博士。公益財団法人日本財団評議員。

上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了を経てドイツのミュンスター大学(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学)大学院博士課程修了。自著によると極貧の状態で大学を卒業し、奇跡的にヨーロッパの大学に留学し、学位を取ることができたと記述されている。

専門の英語学以外にも歴史論、政治・社会評論を著している。内面の充実を求める生活のさまざまなヒントとアイデアを示した著書『知的生活の方法』はベストセラーとなった。

古書の蒐集家であり、専門の英語学関係の洋書だけで約一万点を所有。

主な著書には『ものを考える人考えない人 新・知的生活の方法』(三笠書房)、『英文法史』(研究社)、『日本がつくる新たな世界秩序』(徳間書店)など多数ある。

3. 構成

本の構成

第1章 読書のすすめ
第2章 読書のコツ
第3章 読書の技術
第4章 読書の周辺
第5章 読書各論
付録 無人島へ持って行く十冊

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① 読書は精神の食べ物である

② 馴れれば本の善し悪しがわかる

③ 世の中にはゆっくり読まなければ絶対にわからない本もある

5. 自分視点の見どころ3点

① ボキャブラリーで社会的地位が決まる

② 古本屋によく行くことが大切である

本は買うべし

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、読書の大切さについてとてもわかりやすく書いてありました。

②この本を読んでほしい人

知的読書の方法に興味のある方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク