スポンサーリンク

「超一流の雑談力」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、安田正さんが書いた「超一流の雑談力」(文響社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、雑談力について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

私は雑談が苦手だったので、それを改善したくてこの本を読みました。

雑談力をはじめとするコミュニケーションのとり方がとても参考になったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

安田 正(やすだ ただし、1953年8月6日生まれ、宮城県出身)

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役、早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授。

1978年神奈川大学外国語学部英語英文学科卒業。株式会社兼松パーソネルサービス・国際化事業部長を経て、1990年企業向け語学研修機関、株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ設立。1990年より法人向け英語研修を始め、現在は英語の他、ロジカル・コミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応コーチング、交渉などのビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活躍している。大手企業を中心に1700社に研修を行い、一般社員の他に役職者1000人以上の指導実績を持つ。

主な著書に「ロジカル・コミュニケーション®」(日本実業出版)、「図解ロジカルトレーニング」(朝日新聞出版)、「会議力」(日本経済新聞社)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 「超一流の雑談」の始め方
第2章 何を話題にすれば、雑談は盛り上がるのか?
第3章 思わず心を許してしまう聞き方
第4章 出会ってすぐに距離を縮める方法
第5章 さらに距離を縮める二度目の雑談
第6章 相手によって話し方や話題を変える
第7章 雑談から本題への移り方
第8章 今日から始める雑談トレーニング

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① 笑い話は記憶に残りにくいが、興味のある話は記憶に残りやすい

② 自分に興味のある人のことを人は嫌いになれない

③ 人が心地よくなる敬語を使う

5. 自分視点の見どころ3点

① 伝える力がある人は、余計なことを言わない

② 相手に負担をかけないコミュニケーションをとる

③ 振り返りができるように雑談ノートをつくる

6. まとめ

①良かった点

この本を読んだ感想は、雑談の奥深さについてとても勉強になりました。

②この本を読んでほしい人

自分の雑談力に自信のない方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク