スポンサーリンク

「読んだら忘れない読書術」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、樺沢紫苑さんが書いた「読んだら忘れない読書術」(サンマーク出版)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、忘れない読書法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

いろんな人の読書法について知りたかったので、この本を読みました。

とても参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

樺沢 紫苑(かばさわ しおん、1965年、札幌生まれ)

精神科医、作家。
1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。「日本で最もインターネットに詳しい精神科医」として雑誌、新聞などの取材も多い。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。

主な著書に、『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(いずれもサンマーク出版)、『頑張らなければ、病気は治る』(あさ出版)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 なぜ、読書は必要なのか? 読書によって得られる8つのこと
第2章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 3つの基本
第3章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 2つのキーワード
第4章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 超実践編
第5章「読んだら忘れない」精神科医の本の選択術
第6章 早く、安く、たくさん読める究極の電子書籍読書術
第7章「読んだら忘れない」精神科医の本の買い方
第8章 精神科医がお勧めする珠玉の31冊

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① 1週間に3回以上アウトプットすると忘れない

② 知りたい部分を先に読むワープ読書術という方法がある

ワクワクしている本をワクワクしているうちに読む

5. 自分視点の見どころ3点

① 本を読む前に全体を把握して目的と読み方を決める

同じジャンルの本はまとめて一気に読む

速読より「深読」を意識する

6. まとめ

①良かった点

この本を読んでから、読書ノートを書く、書評ブログを書くなどアウトプットする回数が増えました。私はアウトプットの回数が足らないので、人に話したりしてもっとアウトプットの回数を増やす必要があると思いました。また、ワープ読書術とワクワクしているうちに本を読むということは知らなかったので、とても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

忘れない読書法について興味のある方は、ぜひこの本を読んでほしいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク