スポンサーリンク

「レバレッジ勉強法」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、本田直之さんが書いた「レバレッジ勉強法」(大和書房)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、レバレッジ(てこの原理)を用いた効率的な勉強法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

本田直之さんの本は、今まで何冊も読んでみて良い本が多かったので、この本を読みました。

レバレッジ(てこの原理)を用いた効率的な勉強法は、忙しいビジネスパーソンにとても有効的だと思ったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

本田 直之(ほんだ なおゆき、1968年6月16日生まれ)

明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校(現サンダーバード国際経営大学院)経営学修士。レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。
シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。
ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。

主な著書に『レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則』(幻冬舎新書)、『レバレッジ・リーディング』(東洋経済新報社)、『レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術』(東洋経済新報社)などがある。

3. 構成

本の構成

PROLOGUE 勉強とは「いつか役に立つ」ものではない
1 あなたの「ビジネス偏差値」は?
2 何を勉強するかを決める
3 ラクに勉強できる「仕組み」づくり
4 成果に直結するスケジューリング
5 どんな試験にも受かるテクニック
6 挫折しない英語マスター術
7 最速で情報を「勉強する」法
8 勉強しやすい環境をつくる

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① 勉強はやったほうが得である

② 年収をアップさせたければ、働くよりも勉強する

③ 勉強は続けられる仕組みづくりが大切

5. 自分視点の見どころ3点

① スケジュールを立てる際、時間割をつくると効果的

② レバレッジが効く勉強は、語学、IT、金融である

夜はインプット、朝はアウトプットする

6. まとめ

①良かった点

この本を読んでから、勉強をするための時間割を作成しました。

この本を読んだ感想は、勉強法についてとてもわかりやすく書いてあってよかったです。

②この本を読んでほしい人

勉強をしたいけど時間がないという方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク