スポンサーリンク

「レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、本田直之さんが書いた「レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術」(東洋経済新報社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、レバレッジ(てこの原理)を用いた考え方について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

本田直之さんの他のレバレッジシリーズの本を読んでとても参考になったので、この本を読みました。

レバレッジ・シンキングは、従来の考え方とは異なる考え方を提唱しているので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

本田 直之(ほんだ なおゆき、1968年6月16日生まれ)

明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校(現サンダーバード国際経営大学院)経営学修士。レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。
シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。
ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。

主な著書に、『レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則』(幻冬舎新書)、『レバレッジ・リーディング』(東洋経済新報社)、『レバレッジ勉強法』(大和書房)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章 常にレバレッジを意識せよ
第2章 労力のレバレッジ
第3章 時間のレバレッジ
第4章 知識のレバレッジ
第5章 人脈のレバレッジ

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

① 少ない労力と時間で大きな成果を得るという考え方を常に意識する

② レバレッジ・シンキングは考え方を変えるだけなので、意欲さえあれば誰にでも簡単にできる

多くのビジネスパーソンは勉強不足である

5. 自分視点の見どころ3点

① 時間割によってルーチン化することで、ムダな時間を過ごさないようになる

② 大きな習慣をつくるには、小さな習慣から始める

③ ゴールを明確にすることで余計なことをしなくなる

6. まとめ

①良かった点

この本を読んでから、レバレッジ・シンキングの考え方を実践していますが、できている部分とできていない部分があるので、今後改善していきたいと思います。また、自己投資の大切さを改めて実感し、レバレッジ・シンキングの考え方をしっかりと実践していきたいと思いました。

②この本を読んでほしい人

現在の働き方や日々の過ごし方を改善したいと思っている方には、ぜひこの本を読んでほしいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク