スポンサーリンク

「あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、浜口直太さんが書いた「あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール」(明日香出版社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、仕事術について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

私は自分で仕事ができないと思っているので、この本のタイトルに惹かれて読んでみました。

この本には、仕事への考え方など参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

浜口 直太(はまぐち なおた、1960年7月7日生まれ、兵庫県出身)

株式会社JCI代表取締役会長兼社長。テキサス大学経営大学院MBA取得。ウォートン・スクール博士課程で財務、国際経営を専攻する傍ら、同大学院で教える。米KPMGピート・マーウィック、米プライス・ウォーターハウスを経て、米国で経営・起業コンサルティング会社を設立。その後、東京に国際ビジネス・経営コンサルティング会社「株式会社JCI」を設立し、代表取締役に就任。外資系ベンチャーキャピタル(VC)のマネジング・ディレクターを経て、日米のVCやベンチャー企業数十社の役員を兼務。日米アジアを中心に総合的な国際ビジネス・経営(起業)コンサルタント並びに国際ベンチャーキャピタリストとして活動中。

主な著書に、『天職の見つけ方』(講談社)、『CFO 最高財務責任者』『MBAでは学べない勝つ経営の本質』(日経BPコンサルティング)などがある。

3. 構成

本の構成

聞くタイミングに気をつけよう
「できません」「不可能です」「無理です」は禁句
挨拶は相手の前まで行き目を見て元気良く行おう
出退社時はみんなに元気に挨拶しよう
お客様には元気よく丁寧に挨拶し、誠意をもって応対しよう
人に不快感を与えない身だしなみや服装を心がけよう
名刺はいつも持ち歩き切らさないようにしよう
たまにはノミニケーションでもして本音で語り合おう
礼状はメールではなく手紙を書こう
会社の経費削減に気を使おう〔ほか〕

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

常に周りの人に感謝の意を表すようにする

プロとしての意識を持って仕事をする

③ 毎日しっかり経済紙を読む

5. 自分視点の見どころ3点

① 何事にも誠実に対応する

② 間違えたら謙虚に認める

③ できる人の言動から学ぶようにする

6. まとめ

①良かった点

この本を読んでから、仕事に取り組む姿勢や意識が大きく変わりました。

この本を読んだ感想は、この本に書いてあったことで、まだできていないことが多かったので改善していきたいと思いました。

②この本を読んでほしい人

自分の仕事力に自信のない方には、ぜひこの本を読んでほしいと思います。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク