スポンサーリンク

「この一冊で「読む力」と「書く力」が面白いほど身につく!」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、知的生活追跡班が編集した「この一冊で「読む力」と「書く力」が面白いほど身につく!」(青春出版社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、読む力と書く力について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

読む力と書く力を身につけたいと思い、この本を読みました。

この本は参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

知的生活追跡班(ちてきせいかつついせきはん)

必要な情報だけすぐほしい、タメになることだけ知りたい、というニーズに応えるべく結成させた知的集団。あらゆる最新情報の肝心なところだけを、即座にお届けするのを使命としている。

3. 構成

本の構成

第1部 「読む力」が面白いほど身につく!(どんどん知識が頭に入る「読解力」の磨き方
「速読・多読」で誰よりも速く多く情報を捉える!
こんな「マル秘アイテム」があれば情報整理もラクラク
本読みの達人が教える本を最大限に利用する技術
読書で「やる気」を高めるちょっとした習慣
新聞、広告、メール…書き手の心理を読む「裏読み術」)

第2部 「書く力」が面白いほど身につく!(思考力がみるみる高まる「ノート」のルール
アイディアがメキメキひらめく「メモ・テクニック」
スゴ腕ビジネスマンは知っている「手帳」のうまい使い方
必ず通る「企画書」の書き方の秘密
「伝わる」「読ませる」いい文章の黄金法則
人間関係がうまく回りだす「手紙」と「メール」の書き方)

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

良い本を選ぶときは、著者のプロフィール、あとがき、目次、本文の順で見て、気になるワードが数回出てくれば、その本は読む価値がある

② トラブルを未然に防ぐ「問題解決ノート」や「仕事日記」などをつくるとよい

良いアイデアはそのつどメモし、日時と場所もメモする

5. 自分視点の見どころ3点

① ビジネス書は3章まで読んで面白くない本はハズレなので読まなくてよい

② 「読む気にならないもの」こそ「自分に必要なもの」である

③ 本の中身をすぐに知りたいなら「あとがき」を先に読む

6. まとめ

①良かった点

この本を読んでから、買う本の選び方が上手くなりました。

この本を読んだ感想は、良い本を選ぶ方法や本の読み方がとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

読む力と書く力を身につけたいと思っている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク