スポンサーリンク

「レバレッジ・リーディング」の書評。

オススメ度:☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、本田直之さんが書いた「レバレッジ・リーディング」(東洋経済新報社)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、レバレッジ(てこの原理)を用いた効率的な読書法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

いろんな人の読書法について知りたかったので、この本を読んでみました。

この本は、従来とは異なる読書法について書かれていて、参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

本田 直之(ほんだ なおゆき、1968年6月16日生まれ)

明治大学商学部産業経営学科卒。アメリカ国際経営大学院サンダーバード校(現サンダーバード国際経営大学院)経営学修士。レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。
シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。
ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。

主な著書に『レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則』(幻冬舎新書)、『レバレッジ・シンキング』(東洋経済新報社)、『レバレッジ勉強法』(大和書房)などがある。

3. 構成

本の構成

はじめに
第1章 ビジネス書の多読とは何か?
第2章 本探しは投資物件選び
第3章 一日一冊、ビジネス書を戦略的に読破する
第4章 読んだままで終わらせるな!

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

本を読む目的を明確化する

② 教養型より経験型の本を読む

同じジャンルの本を徹底的に読む

5. 自分視点の見どころ3点

① 目的に沿って読む本を選ぶ

② 本を読む際に目を通す順番がある

ダメな本は早く切り捨てる

6. まとめ

①良かった点

今まではなんとなく本を読んでいましたが、この本を読んでから本を読む目的を明確にして本を読むようになりました。

この本を読んだ感想は、本の読み方についてとてもわかりやすく書いてあり、今までにない視点からの読書法だったのでとても参考になりました。

②イマイチだった点

著者は浴槽に浸かりながら本を読んでいるそうですが、私個人的には本を湿気などで傷めてしまうので、真似したいとは思いませんでした。

③この本を読んでほしい人

レバレッジ(てこの原理)を用いた効率的な読書法について興味のある方は、この本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク