スポンサーリンク

「空気を読むな、本を読め。」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、小飼弾さんが書いた「空気を読むな、本を読め。」(イースト・プレス)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、読書法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

私自身以前はあまり読書をする習慣がなく、本を読んでも内容を忘れてしまうことが多かったので、それを改善したくてこの本を読みました。

この本には小飼さんの読書法のノウハウが詰まっているので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

小飼 弾(こがい だん、1969年8月17日生まれ、東京都出身)

日本のオープンソース開発者。コンピューターネットワークの構築・機材販売、文書翻訳、コンサルティング業務などを行なう、株式会社ディーエイエヌの代表取締役。

書評などを主な題材とするブログ「404 Blog Not Found」が有名。本を読むのが速く、1時間に10冊もの本を読める。オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)の元取締役。

中学へ入学するが学校教育に疑問を感じ、中学2年生頃から学校には行かなくなったが、定期試験の際には登校して試験を受け、常に1位か2位の成績を取ったという。中学卒業後すぐに16歳で大検を取得し、17歳でカリフォルニア大学バークレー校に入学する。日本では大検の効力が発生するのが18歳のため、留学するまでは家庭教師や塾講師として年上の生徒を教えていた。

大学4年の時に実家が全焼、学校を休学する。大学で学んだコンピュータで生計を立て、29歳の時オン・ザ・エッヂの堀江貴文元社長にヘッドハンティングされる。

主な著書に『弾言 — 成功する人生とバランスシートの使い方』『決弾 — 最適解を見つける思考の技術』(共にアスペクト)、『小飼弾の「仕組み」進化論 — 生き残るための”新20%ルール”』 (日本実業出版社)などがある。

3. 本の構成

本の構成

第一章 本を読め。人生は変わる

第二章 本を読め。答えは見つかる

第三章 「手」で読め。そして「脳」で読め

第四章 本を読んだら、「自分」を読め

第五章 本は安く買え。そして高く飛べ

第六章 エロ本も読め。創造力を養え

第七章 マンガを読めば「世界」がわかる

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

読書は「遊び」である

空気を読むとバカになる

本は表紙買いではなく、目次、索引を見てから買う

5. 自分視点の見どころ3点

① テレビを見ない

② 本を読んだら、アウトプットする

③ お金よりも本を浪費する

6. まとめ

①良かった点

この本を読んでから、アウトプットするために読書ノートを作成し、読書ノートを書く習慣が身につきました。すると、自分が読んだ本の数や内容を正確に把握できるようになりました。

②イマイチだった点

クソ本など人によっては不快感を覚える表現の部分がありました。

③この本を読んでほしい人

読書法について興味がある方は、ぜひこの本を読んでほしいと思います。

また、読書法の本は今後も取り上げていきますが、特におすすめの一冊なのでぜひ読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク