「なるほど! 合格勉強術」の書評。

オススメ度:☆☆☆☆

こんにちは。べっちです。

今日は、宇都出雅巳さんが書いた「なるほど! 合格勉強術」(実務教育出版)の書評について書いていきたいと思います。

この本は、勉強法について書かれた本です。

1. この本を紹介する理由

いろいろな人の勉強法について知りたかったので、この本を読みました。

勉強法について参考になる部分が多かったので、今回紹介しようと思いました。

2. 著者の紹介

宇都出 雅巳(うつで まさみ、1967年生まれ)

トレスペクト教育研究所代表。東京大学経済学部卒。出版社、コンサルティング会社勤務後、ニューヨーク大学に留学しMBAを取得。その後、外資系銀行を経て、2002年に独立。企業や個人向けに研修や講座、セミナーなどを提供する、トレスペクト経営教育研究所(現・トレスペクト教育研究所)を設立する。30年にわたり、速読を自らの読者および試験勉強で実践研究し、脳科学や心理学、認知科学の知見も積極的に取り入れた独自の読書法・勉強法を確立。 受験生・ビジネスマン向けの講座・個別指導を行うほか、記憶の持つ力を活用したコミュニケーション、マネジメント、コーチングなどさまざまな分野の企業研修や予備校講師の指導も行っている。これらの活動が注目を集め、NHKをはじめ、テレビ、雑誌、ウェブなどさまざまなメディアに出演。コーチ養成機関CTIジャパントレーナー、日本ほめる達人協会特別認定講師。専門家サイトAllAbout「記憶術」ガイド。

主な著書に『記憶力が最強のビジネススキルである』(かんき出版)、『速読勉強術』(すばる舎)、『どんな本でも大量に読める「速読」の本』(大和書房)、『「1分スピード記憶」勉強法』(三笠書房)などがある。

3. 構成

本の構成

第1章「勉強する気が起きない」を克服する

第2章「テキストや問題集が膨大」に惑わされない

第3章「なかなか進まない」の背中を押す

第4章「わからない」でも諦めない

第5章「覚えられない」なんてありえない

第6章「忙しくて勉強する時間がない」のウソ

第7章「今のままで合格するか不安」に勝つ

スポンサーリンク

4. 著者が伝えたい最も大切な3点

やる気は行動すれば出てくる

勉強の最初と最後に必ず目次を読む

正しい勉強法は、たくさん勉強することを可能にする勉強法である

5. 自分視点の見どころ3点

現状とのギャップと向き合う

焦点を合わせるべきは、「正答率」ではなく「正答スピード」

覚えているうちに繰り返す

6. まとめ

①良かった点

試験に合格するための勉強法がとても参考になりました。

②この本を読んでほしい人

資格などの試験勉強をしている方は、ぜひこの本を読んでみてください。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク